松本酒造「澤屋まつもと 守破離」の販売店

松本酒造 京都 伏見の日本酒

創業、寛政3年(1791年)200余年の歴史に育まれた酒文化を継承しつつ、
新しい技を探求することを惜しまない。これが澤屋まつもとの魂です・・・・

この蔵は、純米酒へのこだわりを持つ蔵元で、全国16社の酒蔵で組織されている、
純粋日本酒協会の発足当時(昭和48年)のメンバーでもあります。

松本酒造では、最新の技術を取り入れた原料処理システムを開発し、熟練の杜氏の経験を十分に生かしながら、
使用する米や水、環境に合わせて機械による正確な制御を行っています。
そのため、酒造りに一番重要な麹(こうじ)造りでは酒造好適米の山田錦、及び五百万石のみを使用し、
理想的な吟醸麹(よく乾燥した突ハゼ麹)を安定して造られています。

このようなこだわりで醸される日本酒は、京料理に合うはんなりとしたスッキリとしていながら、
優しい米の旨みを持つ食中酒で、飲み疲れしない酒質です。
又、ニーズ合わせた、純米酒の価格はリーズナブルでとても人気があります。

リーズナブルな価格で楽しめる「澤屋まつもと 純米酒」は晩食のパートナー

 

洗練された透明感のあるフルーティーな飲み口。
澤屋まつもと第二の定番酒をお楽しみアレ! 

守破離とは・・・『守』・・澤屋まつもとの伝統を 『守』ること。
『破』・・『守』を『破』り、他で学んだことを実践すること。
『離』・・『守』と『破』を大切に、そこから『離』れて新境地を造ること。

澤屋まつもと
守破離 純米酒

澤屋まつもと 守破離 純米酒

■使用米:五百万石 
■精米歩合:65% 
■アルコール度数:15度 

澤屋まつもと・守破離純米酒 1,8L: 2400円(外税、2592円)
 
澤屋まつもと 純米酒

淡麗で、口当たり良く、爽やかな柑橘系の果実を思わせる香りを持ち、スッキリと軽やかな飲み疲れしない酒質です。お酒好きの方は飲み始め、少し軽いか?と感じるかもしれませんが、酒が進むにつれて、その軽さが丁度よく感じ、翌朝もお酒が残らないため、晩酌にはもってこいだと喜ばれています。