焼酎 宮本武蔵 シリーズ 王手門酒造


ワイン 販売

日本酒販売

焼酎販売

梅酒 果実酒販売

松本屋こだわりの酒

湘南ビール

ワインフラワーギフト
相互リンク

湘南の酒専門店
ワイン販売はお任せ

ご注文はネット、電話、FAX
で承ります。
アルコールはの飲酒は
二十歳になってから!
ワインショップ松本屋では、
未成年者への酒類の販売(通販)
は御断りします。

リンクフリー

松本屋>焼酎 リスト>本格焼酎

王手門酒造 宮本武蔵

王手門酒造(宮崎県)


王手門酒造は明治28年の創業以来、百有余年の誇りと実績を持ち続け、
焼酎冬の時代も古の杜氏魂を連錦と継承し、非生産的ながら本格派、手造り焼酎に徹底してこだわり、
常に高品質の焼酎を造り続けてきた歴史ある蔵元。

宮本武蔵シリーズ(専門店限定商品)

コンセプト⇒“宮本 武蔵”の人生のストーリーを描写したもの。
5つの場面(シーン)で設定しています。

 (第1場面)
ネーミングの由来は、“武蔵”早春期を描いたもので風体容姿から「悪童」と呼ばれてはいたが、
実は、孤高の剣士の誕生でありそれは端に、みなぎる力(パワー)のやり場の無い鬱蒼とした状況から、
もがき脱出しようとする様をイメージしたものです。

つまり、悪ではなく“良”=最上級の質を持つ武者(焼酎)となぞらえています。
なお、くろぶか(漆黒の闇)とは、鬱蒼(葛藤)とする暗闇を意味しています。
酒質の特徴として、ラフな感じ(悪童)を表現するために黒麹仕込みの八分無濾過で仕上げ、
コクの(濃い味)ある風味が特徴的です。
 焼酎 悪のくろぶか 麦焼酎 悪のくろぶか 王手門酒造 1800ml
 2,756円(外税、2,976円) 
 
 (第2場面)
ネーミングの由来は、“武蔵”が関ヶ原の戦いの敗走兵として、関所破りの刑で囚われ牢獄に
入ることになります。
これが後の「人間・武蔵」を形成させる重要な期間に成るわけですが、
その変身ぶりを“鯉から龍”になぞらえ「牢」を期間熟成とイメージしました。

酒質の特徴として、2つの異なる芋を主原料に低温長期もろみ熟成を行ない
、芋焼酎本来の骨太でコクのある味わいに加えて、七分無濾過による風味豊かな香りが主張されています。
 焼酎 牢 芋焼酎 牢(ろう)王手門酒造 1800ml
 3,226円(外税、3,484円)
 
 
 (第3場面)
ネーミングの由来は、“武蔵”の青春期を描いたもので、その自分磨きの武者修行に何ら
邪心ためらいもなく鋭気を放つ様に自信の価値を見出し(※金銭的価値には値しないもの)、
ある意味、爽快な青空の如く青春の時をイメージしました。

酒質の特徴として、減圧蒸留仕上げならではの爽快なのど越しスッキリ感に芋焼酎の
ふくよかな風味と甘味が後に引く感じが特徴的です。
※因みにビンの色は、「青春=青色」になぞらえています
 焼酎 銭にあらず 芋焼酎 銭にあらず 王手門酒造 1800ml
 2,606円(外税、2,814円)
 
 
 (第4場面)
ネーミングの由来は、“武蔵”が剣の道(克己心=自制心)を極め行く中で、
数多の猛者と戦い、そこからいかにに学び、
「人間武蔵」を築き上げていったのか? それは正に、凡庸でない「超越」というべき境地に辿り着いた
武蔵を本商品のシリーズ完結に相応しいイメージに由来したものです。

酒質についても強い甘みが特徴の鳴門金時を使用し、その特徴を高めるべく独自の研究開発を行った
“高温発酵仕込み”にすることにより、更に濃厚な“風味”を加味させた至極の逸品でございます。
独特の酒質が表れるポイントとして、一次仕込みは、敢えてタイ米(伝統)と国産米(進化)
それぞれで仕込んだ焼酎をブレンドすることや、蒸留時に“垂口温度”をかなり低めに設定することにより、
凝縮された風味が醸され酒質の特徴の一つでもあります酸味が程良く、
また、香り甘味などの非常にバランスのとれた味わいに仕上がりました。
 焼酎 超越 芋焼酎 超越 王手門酒造 1800ml
 3,370円(外税、3,639円)
 

芋焼酎 麦焼酎 米焼酎 黒糖焼酎 泡盛
相良を販売。専門ショップの通販でお取り寄せ。